私立だけではなく公立もある通信制高校

通信制高校は、公立と私立があります

通信制高校は、全日制や定時制と同じように公立と私立があります。
公立は私立と違って学費が安くなっていて、東京都の場合は入学金は500円ですし授業料金は1単位あたりたったの336円という設定になっています。
卒業をする場合に必要な単位は74単位なので、卒業をするまでの授業料金は合計で24,864円です。
自治体により1単位あたりの差は多少ありますが、いずれにせよリーズナブルであることは変わりません。
その他の諸経費も、3年間で6万円以下ですし、どんなにかかったとしても10万円を超えるようなことはないです。
しかし3年で卒業することができないとなると、当然のことながらさらに学費がかかってくるので注意が必要です。
文部科学省が実施している就学支援金は、年収が910万円未満の世帯なら対象になり多くの家庭が使うことが可能です。
就学支援員は、奨学金などではないので無償で受け取ることができ、支給されるのは月額520円ですが、これを使ったら通信制高校で年間に必要は費用は諸経費を考慮したとしても1万円くらいで済むことになります。
さらに授業料等免制度という手厚いものもあり、対象となる家庭は限られてしまいますが、入学金の500円さえ免除になることもありとてもリーズナブルです。
私立の場合は入学金が1万円から5万円ほどしますし、授業料金も1単位あたりが5,000円から12,000円になるのでかなり差があることがわかります。
一般的に私立を選ぶと、年間に20万円から80万円はかかってきます。
でも私立でも世帯年収が910万円未満だったら、就学支援金を着けることができます。

★新着求人★ 「新着」【京都府 舞鶴市 倉谷浜田】マイカ-通勤可能◎大手調剤薬局チェ-ン店で薬剤師の募集です!京都府 舞鶴市 倉谷浜田 JR舞鶴線西舞鶴駅 調剤薬局 「新着」 薬剤師求人・募集・就職・転職情報 調剤... https://t.co/RjH3Ouwhcd pic.twitter.com/QIaI6f6qC1

— 薬剤師求人.com (@YakuzaishiKyuji) 2019年6月9日

通信制高校は、公立と私立があります通信制高校は私立の生徒の数が圧倒的に多くなっています多くの通信制の高校の資料を一括請求できるサイトもある